MT4で一番多い問い合わせ・ログインエラー

MT4のエラーについて、一番多く寄せられる問い合わせ案件です。

簡単に対処できるものですが、多くは利用者さんの入力の間違えがほとんどですので以下の点に注意して入力の確認をまずは行ってみてください。

取引プラットフォームにどうしてもログインできない

MTでもっとも多いのこの問い合わせです、MT4にログインできているかどうかを確認するにはMT4の右下の角を確認してください。ここに「数字/kb」の表示がでていればログインは成功しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ログインができていない場合はこのようになっています。
※スマホアプリでは「不正な口座」という表示なります。

 

 

 

無効な口座

 

 

 

 

 

回線不通

 

これ以外に「コモンエラー」となっている場合も同じくログインは成功していません。また、この場所が見えていない時にはMT4の上部の表示→ステータスバーをクリックして表示させてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓そしてログインができていない原因はほとんどこれです↓↓↓

・コピー&ペーストで入力する際に余計な文字をコピーしている。   

・入力が半角英数字になっていない、全角などで入力

・接続先のサーバー名が間違っている(これはかなり多いです)
*取引ブローカーに提示されているサーバーを確認しましょう。

・キーボード手入力の際にCaps Lock(大文字小文字のロック)が掛かっている

・口座自体が閉鎖されている(XMやFxProにおおくみられます)

・システム障害がおきている(これは希なのでブローカーの障害情報を確認)

また、ログインはできたけど(接続の確認はできている)、チャートがアップデート待機中になっていることがあります。その場合はMT4の上部の左上の「表示」→「気配値表示」を選択し、チャートに見たいシンボル(USDJPYなど)をチャートにドラッグ&ドロップすることで瞬時に修正できます。

 

また、ログイン後に注文が通らない場合、この場合もこの気配値表示の通貨シンボルをブローカーによっては設定し使用可能な通貨シンボルに変更する必要があります。これは、XMを利用する際に良く発生しがちなミスになります。 通貨シンボルの確認はブローカーに問い合わせても可能ですが、以下の手順で利用可能なシンボルを寛太に表示することが可能です。

MT4の気配値表示画面で右クリックすると「通貨ペア」という項目があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをクリックすれば、「通貨ペアリスト」が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

XMの場合スタンダード口座には通貨ペアの後方にmicroの文字が付かないものを表示し、取引しますが、マイクロ口座のときは上記の「USDJPYmicro」のシンボル名を気配値に表示しないと取引ができません。

こういったシンボル名の後方に特殊文言が記載されている口座はいくつかのブローカーにあります。

XMや、ZERO、国内ブローカーですとOANDAジャパン等が該当しますので注意しましょう。

【traders-pro】管理本部 吉村

XM(XMtrading)で無料のVPS利用が可能

海外口座の最大のメリットといえば、ハイレバレッジやゼロカットシステムがあげられますね、その中でもMT4利用者はMac版があったりと至れり尽くせりのXM

ゼロカットシステムとは日本の口座ではありえない全てのお客様を対象にマイナス残高リセットが適用されますので、口座残高以上の損失は発生致しません。

口座タイプは次の3種類ありますがどの口座を選べばよいのか経験をもとにご案内させていただきます。現在XMが提供している口座はこの3つ

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座その中でもお勧めできるのが真ん中のスタンダード口座になります。初心者で10通貨づつなど少額での取引を体験
  • してみたい方はマイクロ口座から始めてみるのもよいかと思いますが、1000通貨単位からでもできるスタンダード口座でも海外のレバレッジを利用すれば口座に1000円程度いれてもお取引は可能です(最低入金額は500円)

XMでは簡単に複数口座を追加して作ることが可能なのでほかの口座も気になったら作ってみるとよいでしょう。

初心者で以下の方に特にお勧めしたいのがXM→口座開設はこちら

直接VPSを検討している方はトレサポから申し込みもお得です

 

 

  • 海外FXを初めて利用するトレーダー
  • 資金なしで海外FXを体験したいトレーダー
  • 追証なし、豊富なボーナスでハイレバ取引をしたいトレーダー
  • 安心できる大手の海外FXブローカーの口座を使いたいトレーダー

海外口座でありとあらゆるFX口座のなかで比較してきた中でXMに勝る口座はなかなかありません。その理由…

1. 約定力
2.追証のないマイナス残高リセットシステム(ゼロカット)
3.最大総額50万円(5000ドル)の入金ボーナスと口座開設ボーナス3000円
4.安心の日本語サポート レスポンスもよいです!
5.多彩な入金方法
6.無料のVPS提供(利用には一定の条件があります)
7.8年を超える運営歴や入出金トラブルの噂なしの信頼性の高さ

などがあげられます…そして

 

 

 今回特にごあんないしたいのがXMのVPS

XMがサーバーを設置している同じロンドンのデータセンターに稼働のため、通信速度が約30倍上昇

0.001秒の高速通信でさらなる約定力UPが期待できます。
(←VPSなしでは日本のサーバーからロンドンのXMサーバーに通信することになるので、タイムラグが生じてしまう場合がある)

また自分のPCを消してもVPS上でMT4を起動させ続けることができるので、EAを用いた自動売買メインの方は電気代やPCの消耗を抑えることができます。サーバートラブルに強いのも特徴です。

XMのVPS利用条件は以下の通り。

  • 口座残高5,000ドル以上
  • 5lot/月以上の取引量

毎月1.5GBまで通信できるハイスペックなVPSサーバーで、海外業者BeeksがFX取引専用で用意しているもの以上の条件を満たせないという方は、毎月28ドル(3000円程度)払えばVPSを利用できます。国内のお名前ドットコムさんよりもハイスペックでVPSが利用できます。

★直接Beeksと契約するよりも安くつきます。(直接契約なら、同スペックで月4750円
料金は口座残高から勝手に引き落としてくれるので支払いも楽チンですしサポートもXMでまとめて可能です。

XMで口座を開設するなら、あわせてVPSを利用するのがありですね

 

 

 

【traders-pro】管理本部 吉村

 

 

 

 

 

 

スワップ3倍デー便乗トレード・鞘どりトレード

先日ロールオーバーしたポジションがあればスワップポイントが3倍になる曜日、をご案内いたしました。その記事はこちらです→スワップポイント3倍デー★

この時にスワップ3倍だけを狙ってくるトレーダーさんの買いを養分にした便乗トレードが行えることがありますのでご紹介します。

 

 

 

 

先日の記事でロールオーバーする曜日木曜日をまたいでポジションをを保有する必要がありますので多くのスワップ3倍狙いのトレーダーさんたちはスワップ狙いの買いのポジションを保有するため水曜日の深夜あたりから円絡みの通貨ペアの価格が上昇しやすい傾向があります。

この時間ほかの平日でしたら、値動きも大きいこともあり、逆張りの取引を短期でとっていきたい気もしますが、水曜深夜は別です、スワップ三倍トレーダーさんはおもったよりたくさんいます、朝7時マタギまで保有するので上がり始めたらこれに便乗しない手はないですよね★

ただし、みなさん朝7時をまたぐと一斉に決済をはじめてしまうので、便乗買いだけしている我々はさっさと7時をまたぐ前には決済をしてしまいましょう。

もちろん、大きな指標のある日やイベントがあるような日は該当しませんので、注意する必要があります。

便乗トレードは不確実な部分もありますが、これから紹介する鞘どりトレードは気を付けてトレードすれば為替差損は回避できる必勝法ともいえる取引手法になります。利回りは低いかもしれませんが、資金量がありさえすればと安全で美味しい手法です。

これは3倍デーを利用しなくても鞘を取る手法ですが、ある業者を使えば反対売買する通貨ペアのマイナス分は24分の1くらいの価格で済んでしまう業者があったりもします。

鞘どりについては、かなり詳細なデーターを更新しているサイトもありますので「スワップ 鞘どり 利回り」などで検索してみてください。おおむね以下のような取引のことを指しています。

2018年9月上旬の「FXプライム by GMO」「DMM FX」を利用し南アフリカランド円で10万通貨で両建てした場合。

GMOので買いのスワップが18営業日持ちっぱなしの場合10万通貨で4000円になりました。

そして同時にポジションを売り10万で建てたDMMでは18日間で630円の払いとなりました。

ポジションを持った時の成立の価格が7.519円であったためスプレッドの広がり幅同値で同時に決済すれば18日で

4000円-630円で3370円の利益を得ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

ランド円7.519円時の必要証拠金はレバレッジ25倍の業者であれば10万通貨30076円です、両建てするのでその2倍の60152円が最低必要証拠金になりますので、それぞれの口座に10万円程度入金しロスカットに注意しながら取引をすれば1日187円(3370円÷18日)のキャピタルゲインを得ることが出来ますね。

 

 

【traders-pro】管理本部 吉村

XM MAC対応MT4

MacでMT4が稼働できない不便さはMacユーザーで投資をする人の悩みの種です私もMacユーザーなので、とってもよくわかります。

さて、一番簡単にMacに対応したMT4をインストールするだけで利用できる業者さんで私がおすすめするのは、XMになります。

取引の執行力を考慮したMT4をはじめに提供したのはXMです。リクオートなし、約定拒否なし、1:1 から888:1までの柔軟なレバレッジで取引を楽しみましょう     

demo口座でも使えますので、demoでお試しいただいてから本番を導入することも可能です。

これがMac版にいれたMT4になります☆

Mac対応XM MT4をダウンロードして、そのままインストールするだけです。 上記のようにWindowsと同様のMac上でMT4がご利用可能になります。
一部、日本語表記が文字化けしている箇所がありますが、治す方法もありますし、ちょっとWindowsに比べると面倒ですが、カスタムインジケーターをインス

①必要なフォント、Microsoftのフォント「msgothic.ttc」をfontフォルダに入れる

だけなのですが、これはMac版のWORDを持っている方であればかんたんですが、要するに、Windowsの標準のフォントをMT4が使っているためMacにそのフォントがないため文字化けがおこります。「msgothic.ttc」はWindowsの標準フォントになりますので、Macに導入する必要があります。WindowsからMacに導入する方法はこちらのサイトを参考にしてください。→
MacビギナーとWindowsからのスイッチャーの方のためのmacOSの使い方

②「EasyWine.app」をMacにインストールする

EazyWineはMac OS X で Windows アプリケーションを実行できる Wine の日本語環境向けカスタムバイナリになります。

EasyWine.appは、こちらのページからダウンロード可能です→ Nihonshu/EasyWine.app 〜日本語 Mac OS X 用カスタム Wine 2〜

上記のページの下の方までスクロールいたしますとこんな感じの箇所がでてきますのであかの矢印のリンクをクリック。

 

そして、ここに飛びましたら、下図の左側のアイコンの方をダウンロード

 

 

 

 

 

インストールされたアプリケーションをアプリケーションフォルダー等お好きな場所にドラッグします。

 

 

 

EasyWine.appをダブルクリックすると初回のみ、「Wine Mono」と「Wine Gecko」のインストーラが立ち上がりますので、インストールしてください。 その後にEazyWineのページが開きますがそれは無視してクローズしてください。

次にすることは、EasyWineをインストールできたら、XM Trading MT4.appを右クリック(control+クリック)して、「パッケージの内容を表示」を選択。

 

 

 


Contents/Resources/wineprefix/drive_c/Program Files/XM MT4
の中に「terminal.exe」があります。これがXM MT4の起動ファイルです。
今後、起動する時に便利なように、terminal.exeのエイリアスを作りデスクトップなどに置いておくと便利です。起動は「XM Trading MT4.app」ではなく、 terminal.exeのエイリアスをダブルクリックして起動すれば、文字化けはありません。

さっそくXMに口座開設してMac版のMT4を体験してみましょう★

リクオートなし、約定拒否なし、1:1
から888:1までの柔軟なレバレッジで取引を楽しみましょう

 

 
【traders-pro】管理本部 吉村

MT4のMACDをライン表示に変更する

MT4に標準で搭載されているインジケーターのMACDですが、MT4のMACDはヒストグラム表示なんですよね…これもとても頻繁に問い合わせを受けることが多いです。
実はとても簡単にライン表示に変更することが出来るのでご紹介したいと思います。

 

MT4にはメタエディターという編集ソフトが標準搭載されています、インジケーターの開発やEAのコードをエディターに書き込んでいけばオリジナルのインジケーターや自動売買も比較的簡単に作成することもできるんです。といってもコードをある程度しらないと最初から作るのはちょっと勉強しないと難しいのですが、色を変えたりある程度のカスタマイズは一般のユーザーさんでも可能です。MACDの編集を軸にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

まずMT4に標準搭載されているメタエディターを起動します。
新規注文横にある黄色のアイコンで起動します。

 

エディターの画面はこんな感じです。※英語での表示になっている場合は 【Languages】よりJapaneseを選択し再起動すれば日本語に変更できます。 

メタエディターはMT4と同じような画面ですが、こちらはMT4のインジケーターやエキスパートのmq4ファイルのコードを編集できるソフトになります。 

MT4と同じ場所にエディター用のナビゲーターがありますのでその中の、IndicatorsしたのExamples直下のMACD.mq4をダブルクリックしてください。

MACDのコードがこのようにずらりと出てきますので少し下にスクロールし30行目にある【Custom indicator initialization function 】の下にある【SetIndexStyle(0,DRAW_HISTOGRAM);】内のテキストのHISTOGRAMをLINEに変更してみてください。

以下のようになっていればOKです。                次にこのフォルダーを保存します。このまま保存するのであればで【ファイル】より上書き保存し、元のヒストグラム版MACDも残しておきたい場合は名前を付けて(例:MACD2など)保存をします。    保存後は一度すべてを閉じてMT4を再起動してください。MT4の目ナビゲーター内にMACD2が保存されていますので、そちらをチャートにドラッグしてみた画像が上記になります。下がライン版のMACD2になっているのがわかりますよね。

【traders-pro】管理本部 吉村