【TRADERS-pro】TitanFXの売りは極狭スプレッドと日本語サポート(20191018)

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Titan FX (タイタン FX) は、2014年に設立されたブローカーで、当初は ニュージーランド証券投資委員会(FSP)の許認可、現在はバヌアツ共和国金融当局(VFSC)の許認可を受けています。

かつて日本市場で一大ブームを巻き起こした「Pepperstone」というブローカがありますが、このブローカーは極狭スプレッドと高い約定力を売りに、A-Bookブローカーの代表的存在として世界中で高い人気を博しました。

2014年に日本市場からの撤退を余儀なくされた際、当時のPepperstoneのシニアマネジャーが独立し「Titan FX Ltd」を起業、その後、日本語サポートスタッフ等の運営チームが移籍して誕生したのが現在のTitan FXと言われています。

Titan FXは極狭スプレッドと高約定力に加えて、入金ボーナスキャンペーンやキャッシュバック(リベート)などの派手なプロモーションをしないという厳格なコンセプトを「Pepperstone」から受け継ぎ、業者側の無駄なコストを削減することによって、トレーダーに対してより狭いスプレッドを提供することに注力しています。 “【TRADERS-pro】TitanFXの売りは極狭スプレッドと日本語サポート(20191018)” の続きを読む