「IFD注文」、「OCO注文」、「IFO注文」

注文種別っていろいろありますがちょっとここで整理をしてみましょう。

◆ IFD(If doneの略) この注文は新規注文のみに有効な注文方法

新規注文が成立した際に初めて有効となる決済の注文を同時に出しておける注文方法です。

例) 1ドル=100円の時に新規で買いオーダーを入れておき、「1ドル=110円になったら決済して売るという注文を一度に出しておきたい場合に有効。

利益は伸ばしたいから予め設定はしないで、様子見でテイクプロフィット値は刺さず、損切の値のみ発注と同時に行うときなどに有効な注文方法になります。

◆ OCO (One Cansels the Otherの略) 新規および決済に有効

新規注文または決済注文において、異なる2種類の指値(ストップ)注文を同時に出しておき、いずれか一方が成立したら自動的にもう片方がキャンセルとなる注文方法です。

例1)新規注文の場合

ドル円115円の新規買い指値注文 と105円の新規売り注文を同時にだしておき、レートが仮に115円になり115円の買い注文が成立約定すると105円で同時に出しておいた売り注文が自動的にキャンセルされる注文となります。 MT4は残念ながらこの新規のOCO注文機能はなくて、できません。

例2)決済注文の場合

現在「1ドル=110円」でドル円の買ポジションを持っていて、「1ドル=115円」になったら利益確定の指値売り、「1ドル=105円」になったら損失限定のストップ売りをしたい場合などに有効。例えば、先に「1ドル=115円」の値がつき成立した場合、「1ドル=105円」の損失限定のストップ売り注文は自動的にキャンセルとなります。

 

◆IDFOCO(イフダンオーシーオー注文)=IFO(アイ・エフ・オー)

IFDとOCOを組み合わせた注文方法で、IFDと同様に新規注文でのみ選択できます。新規注文と同時に、その新規注文が成立したら初めて有効となる決済注文 利益確定のための「指値注文」と損失限定のための「ストップ注文」を全てワンセットで出すことができる注文方法です。

例1)たとえば、現在の相場が1ドル=115円で。1ドル=114円になったら買いの指値注文を新規で発注。

一定の利益を確保するため、【1ドル=116円になったら売りの指値注文】、もう一方は損失を限定するため、【1ドル=113円になったら売りの逆指値注文(ストップ)】という条件も同時につけ加えます。

このケースでは、114円で買いが約定し、ドル=116円(ドル高)になったら【2円の利益が確定】し、予想とは逆に1ドル=113円(ドル安)に振れたら【1円の損失が確定】ということになります。

このように、IFO(アイエフオー)注文は、買いから売り(売りから買い)まで、一度の注文で指定できて、決済も自動でされますから、発注後はレート確認できなくても決済まで発注済で安心ですね、パソコンの前に張り付くことが出来ない方でも、取引が可能な方法といえるでしょう。

【traders-pro】管理本部 吉村

知っておくと損はないMT4のエラーメッセージ

メタトレーダーの稼働中におかしな動きや、動作不良はだれでも体験されているかとおもいます。メタトレーダーはPCに負荷のかからない軽くて使いやすいツールですが不具合もよく発生します。アンインストールをして入れ替えたり、再度のインストールで大概なおりますが証拠金が不足しているのにシステムがおかしいと勘違いしたりすることも多々ありますので、エラーコードを知っておけば原因がすぐわかり何が原因か特定しやすいのでむやみな再インストールやわずらわしい問合わせ等を避けられます。

よくありがちな現象としてはEAを稼働してみたけど、何日たっても取引しない、成り行き注文時にポップアップが出現して取引が不可能だったり・・・というような現象ではないでしょうか?

そういったときの対処方法やまず何が起きているかを知るのにターミナルの「操作履歴」や「Experts」タブを開いて見てみましょう。MT4の動作状況が表示されてますので色々な情報を取得することが出来ますよ。

エラー表示にはメッセージの先頭(左側)に 赤い三角マークの表示がされています。※黄色の三角のマークは動作の履歴ですので、 特に気にする必要はありません。

え希スパートタブににエラーメッセージが時系列で並んでいきます。 (画像はエキスパートタブ)操作履歴にもエラーメッセージがでますので不具合時にはそちらも確認します。FX業者や、EAの販売・提供業者にこの部分のログを取得し送付することでお問い合わせ時にスムーズに問題も解決しますのでログも活用してみましょう。

ログの出力方法についてはこちら⇒ログの出し方

下記のエラーコードは主に取引中のポップアップでもみられる出現頻度の高いエラーコードになります。 詳細なエラーコードの一覧については次の記事で!

 2 Common error 一般エラー・共通エラー
 128 ERR_TRADE_TIMEOUT トレード時間切れ
 129 ERR_INVALID_PRICE 無効な価格値
 130 ERR_INVALID_STOPS 無効なストップ値
 131 ERR_INVALID_TRADE_VOLUME 無効なロット数
 132 ERR_MARKET_CLOSED 市場がクローズ・取引時間外
 133 ERR_TRADE_DISABLED 注文不可
 134 ERR_NOT_ENOUGH_MONEY 証拠金の不足
 136 ERR_OFF_QUOTES 相場価格から離れている
 137 ERR_BROKER_BUSY 仲介側がビジー状態

【traders-pro】管理本部 吉村

約定力・スリッページすべる話

前回のスプレッドがひろがる訳の内容にもかかわってきます。みなさんはFXの約定力について意識してトレードされておりますでしょうか?またスリッページについて意識されておりますか?

そもそも約定とは端的にいえば、トレーダーが注文画面から「売り注文」や「買い注文」のオーダーを出し、業者側(発注システム)の「売買発注が成立」するまでの一連の流れのことですね。

また、よく聞く約定拒否とは、為替変動が激しいとき市場の急変時などに注文が通らない、FX業者の提示レートと著しく注文値がずれたときや流動性の低い時間帯に発生する注文が支持通りに通らない現象のことを言います。

トレーダーの注文レートとFX業者の提供レートとの差によりFX業者が損を被る可能性が高い場合などが考えられるので業者が約定拒否をしているという言い方になっています。

そして約定力とは、その名の通りですが、成行き注文後に即座に約定する力、そのスピードや約定拒否などをしない頻度などが評価されます。
指値注文や逆指値注文がきっちりその価格で刺さっているかなども評価対象です、とくにスキャルピングの取引では、約定率が業者選びのポイントとして重要になってきます。

そしてスリッページとはチャートを見ながら注文をしたにも関わらず、実際は他のレートで注文されてしまうことを言います。これをよく「滑った!」とか「滑る業者」とかいいます。

スリッページが発生した時の約定可否

CASEその1

スリッページ設定を仮に3PIPSと設定していた場合にスリッページが発生した場合。

例えばドル円が110.00の時に買い注文を出したときは109.97~110.03の間のスリッページは許容されるのでその範囲内で約定しますが、それ以外の値では約定しません。ただしFX業者によっては以下のようにトレーダーが出している買い注文に対して有利な値では取引が成立する場合があるので注意も必要です。

110.04 約定しない ×
110.03 約定する  ◎
110.02 約定する  ◎
110.01 約定する  ◎
110.00 ★買いの注文値★
109.99 約定する  ◎
109.98 約定する  ◎
109.97 約定する  ◎
109.96 約定する  ◎
109.95 約定する  ◎ 以下の値も約定します

CASEその2

スリッページを仮に「0」としていた場合、上記を同じ注文値「110.00」の買い注文を出していた場合に業者のスリッページが発生し、110.00での注文が通らない場合は、110.00のレートが無いためスリッページ範囲も0のため、注文は不成立(約定不成立・約定拒否)となります。

CASEその3

そもそもスリッページを設定していない場合、その約定の値は無限に拡大する可能性があります。たとえば最初の110.00に設定していた買い値がスリッページにより、そしてし表示などはさらにスプレッドの拡大により、110.50円や111.00と100PIPS以上離れた値で約定することも実際にはあります。そのまま、また急落した場合のことなどをかんがればスリッページを設定しておくこともトレードにおいては大事なことと言えるでしょう。

【traders-pro】管理本部 吉村

スプレッドがひろがる訳

各FXブローカーさんのスプレッドはまちまちです、日本の業者さんは低いスプレッドを提供できているところも多いですが、肝心の「よし!買うぞ!」っていうときにドカッ~と広がって驚くこともありますよね。さて、なぜスプレッドはひろがるのでしょう?

 

まずはスプレッドとは?

FXブローカーが提示している売値と買値の価格差になります。「スプレッドが拡大する」ということは、買値と売値の差が大きくなるということです。

そして、スプレッドが広がる主な要因は?

・流動性が低い・低下(取引する人が少ない・通貨の取引量が少ない)
・レートの急激な変化(指標発表時・要人の発言・有事時)
・利用しているブローカーのカバー先が少ない

などが主な理由です

流動性が低い?って

流動性が高いときは通貨の売り買いが頻繁に行われているためそのように表現します、FXは買いたいと思ったらその反対の売る人がいないと売買は成立しませんので流動性が低いという事になります。売買が頻繁に行われていれば買いたいときに売りたい人も必ずいるわけでその場合は流動性が高いという事になります。

一日のなかで流動性が低くなる時間帯は日本時間でいうと早朝5時~8時くらいで最も広がるのが朝のオープン時です。この時は業者にもよりますが、ドル円でもスプレッドが20ピプスくらい広がることもあります。

また、1年の中で広がる傾向にあるのがクリスマスの時期や年末年始、日本時間帯ではゴールデンウィークやお盆も流動性は低くなります。

レートの急激な変化って?

インパクトの大きめな経済指標時やビッグニュースが突然流れた際には為替価格が大きく、急激に変動します。急激な売りオーダーや買いオーダーにすべてのオーダー対処しきれれず、システムを使っても対処ができない場合、やむなくスプレッドを広げます。急激なレート変動にも対処できるシステムが強いFX業者を選択することも大切です。

カバー先が少ないって?

カバー先とはFX業者が提携している金融機関になります、FX業者とカバー先の契約内容にもよりますが、大概、このカバー先から提示されているリアルタイムレートをもとに顧客の注文をカバー先レートをもとに売買成立させますがここにFX業者の手数料であるスプレッド分が乗せられます。こういった理由から各社のスプレッドには差がでるのであって、カバー先数が多く、提示レートに選択肢があればあるほど、売り買いを成立しやすくできるのでカバー先数や契約しているカバー先の良しあしでスプレッドを安定的に顧客に提供しやすくるすることが可能となります。カバー先が1社しかなくてもカバー先が安定したレートを提供できるのであればカバー先の数は問題にならない場合もあります。

スプレッドが広がった時はどうすればいいの?

ま、一番は取引をしない!ですがそういったら身も蓋もないので、できることは限りがありますが、まず許容スリッページを設定することが大切です。スリッページとは、成行き注文で注文ボタンを押した際に急激にレートが変動して、意図した価格から滑って大きくずれた値で約定してしまうことを言いますが、

その滑ってしまう値の範囲をあらかじめ利用している業者のシステムに設定をしておくことが可能です。

メタトレーダー4のスリッページ設定場所はこちら

ツール→オプション→取引→価格誤差のデフォルト→デフォルトを指定→プルダウンで選択(または数値を入力)。

メタトレーダー4はポイントで表示されているのでPIPSに換算する場合は10倍の数値を入力します。上記の画像は100ポイントとしていますのでスリッページは上下に10PIPS以上価格が離れた場合(スリップした場合)は約定しないという設定とななります。

スリッページが0なら、滑らず指定したレートで約定します。
しかし、そのレートからズレた場合、エラーとなり約定しません。
スリッページは、注文、決済の全てに影響します。

SL/TPの場合は、その指定レートを超えた場合に約定するのでスリッページは関係ありません。
また、スリッページというか約定率は業者毎に変わります。

【traders-pro】管理本部 吉村