ECN口座とSTP口座の違い、そしてDDとNDDって?

海外ではFXで口座開設しようとすると【ECN口座】【STP口座】からお選びください」と聞かれることがよくあります。

一般的にはスタンダードとよばれるSTP口座を選ぶ人が多いでしょう、なぜならECN口座では取引ごとにスプレッド以外に手数料をとられますし、

ECN口座は基本的には大口の客様が対象で入金額は高めに設定されている傾向があります。

この口座の方式の違いは国内業者にでもありますし、その特徴を理解し、なぜ手数料が発生するか等を知っておきたいものです。

まずは以下の図で分類してみました。

 

 

 

 

 

ECN方式では顧客の注文はインターバンク直結へ直接流れます。

ECN方式はトレーダーの注文は直接インターバンクに流されます

インタバンクは個人での取引は受け付けませんので、銀行、他のFXブローカーや大手LPまで多くの参加者の注文が集中。売買の注文合致すれば、注文は即座にコンピュータによってマッチングされ非常に透明性が高い取引方式となります。

そしてそのマッチングはオークション形式なので自分の売り注文に対応する反対注文(買い注文)があった場合は即座にマッチングされますが、逆に自分の注文に対して反対注文の割合総数が少ない場合はマッチングできず、決済できないこともあります。

価格が大きく変動する時や、早朝など流動性が低い時はスプレッドが大きく開くことがあります。

また、ECN方式の透明性の象徴として、板情報を確認できます。板情報を見ることで、価格や取引量毎にどのくらいの注文がインターバンクに集まっているかが確認可能です。

手数料有料なのはインターバンク直のスプレッドなのでスプレッドを狭く提供することが可能となります。
市場の流動性、相場変動のままにスプレッドが提供されますので常に変動しています。

STP方式では注文はFX業者の先のカバー先に発注されます

STP方式の注文方式では、顧客の注文はFX業者が提携しているLP(リクイデティプロバイダー)や大手銀行等提携カバー先に流されますが、各カバー先でどのように注文がマッチングされているかについては公表されていないため、STP方式では、カバー先に流された注文がどう処理されているか、またカバー先のれーとも不明瞭です。はたまたカバー先が実在しているのかについても調べてみたり、問い合わせをしてみたいものです。

きちんとカバー先を公表している業者も多くあります。

結論的には透明性が高いのはECN方式ではありますが、ECN方式で高い手数料や高額な入金を求めているのには理由があることがわかるかと思います。

【traders-pro】管理本部 吉村