1PIPSっていくら?PIPSの計算方法

1PIPSって?それって日本円でいくらですか?というお問い合わせをよ~く受けます。私もFXを始めたときはわけわかめでした!

よく、ブログやトレーダーさんの記事などで、毎日100PIPS稼げた~!とかききますよね?計算方法を知っておいた方が、自分が本来いくら稼げたのか、想定していた利益と違う!なんでことにもなりかねませんのでここは抑えておきましょう。

PIPS(ピプス、ピピ、ピップス)と呼ばれています。

たとえば日本円であれば

1PIPS=0.01円(1銭)になります。

ですが、FXでは日本円以外にも多くの通貨を扱い通貨ペアを取引するので統一単位であるPIPSをここで用いるのです。

実際に取引をするときに表示されているレートは円が絡むレートは 111.123とか143.006と小数点以下が3ケタになっていることが多く、ドルストレート等は0.19358や1.56998などその他の通貨は小数点以下が5ケタになっていることがほとんどです。

基本的にはクロス円(対円の通貨ペア)は少数点第2位、その他の通貨ペアは少数点第4位1pipsと覚えておきましょう*FX業者によっては単位が違う業者もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

この画像はMT4の気配値表示ですMT4では0.1PIPSまで表示されているのがわかります。

たとえば上記の113.711でドル円を買って、113.811で売り抜ければ10PIPSが獲得できたことになります。

1PIPSは日本円でいくらになるか計算してみよう

まずはクロス円!これは簡単です、みなさんもきっとご存知でしょう例えばドル円を例にとってみますね

ドル円が100円の時に買って、105円ちょうどの時売ることができれば5円=500銭=500PIPS獲得ですね★

①この時の取引ロットが10000通貨(MT4ですと0.1ロット)であれば1PIPSの値動きは100円ですので

500PIPS×100円で5万円の利益になりますね!

②取引ロットをちょっと抑え目に1000通貨(MT4だと0.01ロット)の場合は1PIPSは単純に10分の1になるので1PIPSの動きは10円になるので

500PIPS×10円で5千円の利益になります!

100000通貨(1.0)なら 1PIPS=1000円        10000通貨(0.1)なら 1PIPS=100円         1000通貨(0.01)なら 1PIPS=10円

と覚えておけば簡単ですね

クロス円以外の通貨ペアの計算

これがちょっとややこしいですが、覚えてしまえば簡単です。たとえばEUR/CHFの1PIPSを求めたいと時

この場合は右側にあるCHFのクロス円の値ををかけてあげます。このときCHF/JPYの値が116.850だったとしますと、

0.0001(1PIPS)×116.85=0.011685円 になりますので 1000通貨の場合 11.68円                10000通貨の場合 116.85円となります。